素材を知って結婚指輪を選ぼう【とても大切な証】

ハート

慎重に選ぶことが大切

京都でも結婚指輪は慎重に選ぶことです。主な素材としてプラチナとゴールドがあります。どちらも価格差はなく、ダイヤモンドによって変わってきます。デザインはストレートタイプやウェーブ、V字型、エタニティタイプ、幅広タイプなど5種類です。それぞれに特徴があるため自分に合ったものを、選ぶことが大切になります。

リング

金属の価値を知る

結婚指輪のリング部分の素材として使われる金属と言えばゴールドとプラチナですが、どちらも貴金属の中では特に高価な存在です。基本はプラチナの方が高価ですが、最近はプラチナよりゴールドの方が値段が上がっています。今現在はプラチナの指輪の方がリーズナブルと言えます。

手をつなぐ人

指先を華やかに演出

京都は、目の肥えた顧客が集まる土地柄だけに、高級志向の結婚指輪手に入れるのに最適なエリアとなっています。事前に予約をしてから来店した方が丁寧に接客してもらえます。立体的なモチーフを並べた、優美な曲線のダイヤモンドリングが人気です。

男の人と女の人

昔からの定番ゴールド

結婚指輪の定番素材はプラチナとゴールドです。現在の主流はプラチナですが、ゴールドの人気は昔から衰えてはいません。ゴールドはカラーが豊富で強度が強く傷がつきにくいため、日常的に使用する結婚指輪にはおすすめです。

指輪

人気店を訪れる

京都で結婚指輪を購入するのなら、人気店をチェックしてみましょう。それから各店舗の人気デザインを調べます。流行もあるので、事前にインターネットで情報を収集しておくのもいいかもしれません。あとは価格を比較しましょう。

永遠の愛の証・指輪

男性と女性

リングの選び方

結婚という人生の大きな節目を迎える時、ほとんどの人が結婚指輪の購入を検討すると思います。それは「既婚者」であることを周りに証明すると同時に、「輪」の形で二人の愛を「永遠」のものにと願いを込めて交換されるとても大切な証です。基本的に毎日指にはめたまま生活をすることが多い結婚指輪なので、今後の人生のあらゆる場面を想定して素材やデザインを選ぶ必要があります。近年では宝石の埋め込まれた結婚指輪をはめている人もいるようですが、ダイヤモンドなどの宝石類は葬儀に参列する際外さなければいけません。どうしても宝石を入れたい場合、宝石は婚約指輪に使用し、結婚指輪はシンプルなデザインにして重ね付け出来るセットリングを選ぶ人もいます。また、指輪の素材選びも重要です。その材質が変質しにくく丈夫で輝きの美しさからプラチナが一番の人気です。装着して日常生活を送っているとどうしても小さな傷がついてくすんできますが、プラチナは専用のクロスで磨く事でその輝きを取り戻す事が出来ます。次に人気なのがゴールドです。ゴールドの素材は日本人の肌に一番馴染むとも言われていますし、プラチナより安く手に入る事も人気の理由のひとつです。ゴールドを選ぶ際にはゴールドの「純度」に気を付けなければいけません。「K24」「K18」「K14」「K10」のような種類がありますが、この「K」が純度の事です。この純度が高くなるほど金属は柔らかくなり、ゴールドの比率100%のK24は、柔らかく傷が付きやすくなります。そのため、結婚指輪の素材をゴールドにする場合は比率75%のK18を選ぶのをお勧めします。その他にもホワイトゴールドやピンクゴールドといった素材もあります。永遠の愛の証、結婚指輪。あなたに合った指輪を是非お二人で探してください。

Copyright© 2018 素材を知って結婚指輪を選ぼう【とても大切な証】 All Rights Reserved.