素材を知って結婚指輪を選ぼう【とても大切な証】

慎重に選ぶことが大切

ハート

日常での使い方を考える

結婚指輪は夫婦の証となるものです。そのため京都で購入するときでも、慎重に選びましょう。結婚指輪の主な素材は、プラチナとゴールドです。ゴールドはイエローゴールドやホワイトゴールドなど、何種類かの色を選べます。京都で素材を選ぶとき、プラチナもゴールドも価格にあまり違いはありません。ついているダイヤモンドのグレードで、費用は大きく変わってきます。そして素材は、変色や変形が少ないものにすることです。そのうえで自分の好みと、肌の色に合うものを探すとよいでしょう。また金属アレルギーがある人は、プラチナやゴールド以外でステンレス、ジルコニウム、チタンを選ぶと金属アレルギーは少なくて済みます。それから京都でも結婚指輪のデザインは主に5種類です。1つめのストレートタイプの指輪は、シンプルなものになります。どんなタイプの指にも似合い、指を細く見せることができます。2つめのウェーブは波のような、なめらかなデザインです。柔らかいイメージを与え、短い指でも似合います。3つめのV字型とU字型は、ラインがアルファベットになっています。他のデザインに比べて個性的で、男性の太い指でもきれいに見せる効果があります。4つめのエタニティタイプはダイヤで全周を飾っている、豪華なデザインです。通常外と内をダイヤで飾っていますが、外側のみのものはハーフエタニティになります。5つめの幅広タイプはリング幅が広いデザインになっており、野生的で目立ちます。表面が広く、自由にデザインしやすくなっていることから男性に人気です。このなかで結婚指輪を常に身につける人は、なるべくシンプルなものを選ぶとよいでしょう。家事などで邪魔にならないようにするには必要な選択です。それでも派手にしたい人は、日常での使い方を考えることが大切になってきます。京都でもこれらの流れで結婚指輪を選んでいくことで、納得のいくものを身につけることができるでしょう。

Copyright© 2018 素材を知って結婚指輪を選ぼう【とても大切な証】 All Rights Reserved.