素材を知って結婚指輪を選ぼう【とても大切な証】

昔からの定番ゴールド

男の人と女の人

ゴールドも依然人気

現在の結婚指輪の素材の定番はプラチナですが、昔はゴールドが定番であり、プラチナが主流となった今でもゴールド素材の人気は衰えていません。実は日本人の肌の色に合うのはゴールドだと言われています。また、耐久性があり傷がつきにくいうえに他の素材に比べると安価という特徴もあります。ゴールドには複数のカラーがあり、イエロー、ピンク、ホワイトがスリーカラーと呼ばれる定番です。その他にもグリーンやレッドなどもあります。ゴールドに銀が混じると白っぽくなり、銅が混じると赤っぽくなります。ピンクゴールドのように銅が多く混じるゴールドは変色しやすいと言われていますが、銅の比率に気を付けて選べば問題ありません。ただし変色はごく僅かとされており、その風合いを結婚生活の長さと共に楽しむのもおすすめでしょう。よりゴールドのイメージに近いのがイエロー、可愛らしい色で人気なのがピンク、プラチナのような白銀がホワイトです。単色で結婚指輪を作る方もいますが、コンビネーションも人気です。例えばプラチナとイエローゴールドのコンビ、イエローゴールドとピンクゴールドのコンビなどを選ぶカップルも少なくはありません。結婚指輪はシンプルなので素材にこだわるのが一般的です。結婚指輪は一生に一度きりの買い物です。また、買い替えるものではありませんし、日常使いする指輪でもあります。ゴールドは選択できるカラーが多い分、日常的な使用を考慮しましょう。

Copyright© 2018 素材を知って結婚指輪を選ぼう【とても大切な証】 All Rights Reserved.